人生を変える魔法使いのブログ

iDeCo(イデコ)でオルカンNISA(ニーサ)でエコペトロールを買ってみた!FANG+ S&P500 NASDAQ100 レバナス

ネタバレなし 映画 君たちはどう生きるか 宮崎駿 イオンのオーナーズカードを使って見てきました

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

 

君たちはどう生きるか

映画

「君たちはどう生きるか」

を見てきました

 

イオンオーナーズカード

イオン系列の映画館でオーナーズカードを使って見てきました

友人と2人で行ったので

2人とも映画鑑賞券は1000円

特典は

ポップコーン

バターしょうゆ味にしました

他にナチョスとフレーバーソーダを追加

紙でできた

君たちはどう生きるか

コースターをもらうことができました

 

感想

私はおもしろかったのですが

万人受けするかと言われたら

ちょっと躊躇するかな

 

わかりにくい

この一言に尽きると思います

 

タイトルは過去の小説からとったもの

吉野源三郎の小説「君たちはどう生きるか」は、1937年に出版された。この小説は、10歳の少年、黒川正太郎が、社会の様々な出来事や人々を通して、生きる意味について学んでいく物語である。

正太郎は、ある日、川で溺れかけた男を助ける。その男は、正太郎に「生きる意味は、生きることだ」と語る。正太郎は、この言葉に深く感銘を受け、生きることの意味について考え始める。

正太郎は、学校で、歴史、社会、科学など、様々なことを学ぶ。また、様々な人々と出会い、人生について語り合う。正太郎は、これらの経験を通して、生きることの意味について、少しずつ理解していく。

正太郎は、最終的に、生きる意味は、自分らしく生きること、そして、他人を思いやることだということにたどり着く。正太郎は、このことを心に留め、生きていく。

「君たちはどう生きるか」は、生きることの意味について考えさせてくれる、深い小説である。この小説は、1937年に書かれたものだが、現代にも通じるメッセージが込められている。この小説を読んで、生きることの意味について、自分なりに考えてみてはいかがだろうか。