ちひろのブログ

キングダム ミステリと言う勿れ ハニーレモンソーダ どうする家康

キングダム69巻 桓騎の死

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

楽しみにしていたキングダム69巻

ついに桓騎が討ち死にしました

 

作者もあとがきで書かれていましたが

掴みづらいキャラクター

ですが

私は本当に自分とよく似た考え方の持ち主だなって思ってました

 

これから

桓騎将軍の話が読めないのは残念だけど

死ぬほどかっこよかったので

これからも大好きだなって思いました

 

秦王政(しんおうせい)は、中国の戦国時代の秦の王で、中国史上初の皇帝である。紀元前230年から紀元前210年まで在位した。嬴政(えいせい)または趙政(ちょうせい)とも称される。

秦王政は、秦の荘襄王の次男として生まれた。荘襄王が死去すると、わずか13歳で秦王に即位した。秦王政は、呂不韋(りょふい)の助言を受けながら、周辺諸国を次々と滅ぼし、紀元前221年に中国を統一した。

秦王政は、中国を統一した後、中央集権的な政治体制を築き、法による統治を行った。また、文字、度量衡、貨幣、車軌などを統一し、中国の統一を促進した。さらに、長城を築き、北方の遊牧民族の侵入を防いだ。

秦王政は、中国を統一した功績は大きいが、その統治は独裁的であり、民衆を苦しめたこともあった。紀元前210年、秦王政は死亡し、秦朝はわずか15年で滅亡した。

秦王政は、中国の歴史において重要な人物であり、その功績は現在でも語り継がれている。

韓非子(かんぴし)は、中国の戦国時代の思想家で、法家の代表的な人物である。紀元前281年から紀元前233年まで生きた。

韓非子は、韓の貴族の家に生まれた。幼い頃から学問に優れ、法家の思想を学んだ。紀元前255年、秦の始皇帝に仕官し、法による統治を進言した。しかし、始皇帝の側近である李斯の讒言により、獄に投獄され、毒殺された。

韓非子の著作は、『韓非子』といい、法家の思想を体系的にまとめた書物である。『韓非子』は、政治、法律、軍事、経済、倫理など、幅広い分野について論じており、中国の思想史に大きな影響を与えた。

韓非子の思想は、法による統治を重視する点が特徴である。韓非子は、法は人々の欲望を抑制し、社会を安定させるために必要であると主張した。また、法は明確に制定され、公平に適用されるべきであると主張した。

韓非子の思想は、秦の統一に大きな役割を果たした。また、漢代以降も、中国の政治思想に大きな影響を与え続けた。