人生を変える魔法使いのブログ

iDeCo(イデコ)でオルカンNISA(ニーサ)でエコペトロールを買ってみた!FANG+ S&P500 NASDAQ100 レバナス

今週のお題「ゾッとした話」 左肩に上司の生き霊がついてると言われました

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

今週のお題「ゾッとした話」

左肩に上司の生き霊がついていると言われました

先日

知り合いの先生に観てもらったのですけど

「左肩に赤い顔したおっさんがついてる」

って

 

「心当たりないです」

って言ったのですけど

とあるお笑い芸人さんの名前を出した時に

一緒にいた友人が

「○○さんちゃう?」

って

 

友人は一度職場に遊びに来たことがあって

そのお笑い芸人さんに似た上司を見たことがあり

覚えていたそう

 

虫も殺せないような上司なのですが

「なぜ私についてるの?」

って訊いたら

 

「あなたに自分の地位を乗っ取られないかとビクビクしてる」

 

とのこと

 

私的には大爆笑

仕事なんてさっさと辞めて

サイドFIREして

労働時間少ない職場に再就職しようかと

虎視眈々と狙っているのに

 

拘束時間が長くなるうえ

責任が重くなる出世なんて

微塵も考えていなかったので

 

人の心ってわからないですね

 

上司の生き霊を取ってもらって

だる重痛かった左肩は絶好調

 

もちろん

上司とはそんな話

一言もしていないので

まったくもって見当違いだったかもしれませんが

 

もしも上司が嫉妬に狂っていたのだとしたら

笑えない

ゾッとする話だったなって思います

 

ゾッとした話

 

夜道を歩いていると、後ろから誰かがつけてくる気がした。振り返ると、誰もいなかった。でも、足音は聞こえる。私は早足で歩き始めた。足音も早足になる。私は走った。足音も走る。私は走り続ける。足音も走り続ける。私は疲れ果てて倒れた。足音は止まった。私は目を覚ました。私は一人だった。でも、私は怖かった。

私は家に帰ると、母が玄関で待っていた。母は泣いていた。母は私に言った。「あなた、危ないところだったわ。後ろから誰かがつけてきていたのよ。」私は母に言った。「私も気づいた。でも、誰だかわからない。」母は私に言った。「あなた、もう夜道を歩かないでね。」私は母に言った。「分かった。」

私はそれから、夜道を歩くのをやめた。でも、私は時々、後ろから誰かがつけてくる夢を見る。

 

ゾッとした話その2

ある夜、一人暮らしの女性は、いつものように寝ていると、窓から誰かがいる気配を感じました。

女性は目を覚まし、窓を見てみると、そこには、自分のことを見つめている男性が立っていました。

男性は、女性をじっと見つめた後、ゆっくりと窓を開け、部屋に入ってきたのです。

女性は、恐怖で身を震わせましたが、男性は、女性を襲うことはなく、ただ、女性を見つめながら、部屋の中を歩き回りました。

女性は、恐怖で声も出せず、ただ、男性が部屋を出るのを待っていました。

男性は、しばらく部屋の中を歩き回った後、ゆっくりと窓を閉め、部屋を出ていきました。

女性は、男性がいなくなると、すぐに警察に電話しました。

警察は、すぐに駆けつけましたが、男性は、すでに逃げていました。

女性は、その後、しばらくの間、一人暮らしをすることができませんでした。

 

ゾッとした話3

ある日、一人の男が夜道を歩いていると、後ろから足音が聞こえました。男は振り返ると、誰もいません。しかし、足音は止まりませんでした。男は恐怖に襲われましたが、そのまま歩き続けました。

しばらくすると、男は大きな建物に着きました。男は建物の中に入り、足音から逃れました。男は建物の中にしばらく隠れていましたが、足音は聞こえませんでした。

男は建物から出て、夜道を歩きました。男は足音が聞こえなくなって安心しましたが、まだ恐怖が残っていました。男は家まで無事に帰ることができました。

男は家に帰って、妻に話しました。妻は男の話を聞き、恐怖に襲われました。妻は男に、もう夜道を歩かないように言いました。

男は妻の言う通りに、もう夜道を歩きませんでした。しかし、男は足音の恐怖を忘れることができませんでした。

 

今週のお題「ゾッとした話」