人生を変える魔法使いのブログ

iDeCo(イデコ)でオルカンNISA(ニーサ)でエコペトロールを買ってみた!FANG+ S&P500 NASDAQ100 レバナス

今週のiDeCo 投資信託 eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本) eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

iDeCo

投資信託

iDeCoの成績です

 

eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)

全世界株式

俗にいうオルカン(オールカントリー)

263円のプラス

このまま

受け取る時まで

着々と資産が増えていけばいいな

 

 

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

S&P500も

今のところ

わずかながらプラスです

163円

 

米国株がこれからどうなっていくか

わかりませんが

受け取る時に

大きく育ってくれればと思っています

 

iDeCoとは

iDeCo(イデコ)とは、個人型確定拠出年金の略称で、公的年金にプラスして給付を受けられる私的年金制度です。

iDeCoの特徴は、以下のとおりです。

  • 加入は任意で、20歳以上60歳未満の公的年金の被保険者であれば誰でも加入できます。
  • 加入者が自分で掛金を拠出し、自分で運用する仕組みです。
  • 掛金は、所得控除の対象となるため、節税効果があります。
  • 運用益は非課税で運用することができます。
  • 受け取りは、原則60歳以降に年金または一時金で受け取ることができます。

iDeCoのメリットは、以下のとおりです。

  • 公的年金だけでは不足する老後資金を補うことができます。
  • 節税効果により、手元に残るお金を増やすことができます。
  • 運用益が非課税で運用できるため、資産を効率的に増やすことができます。
  • 原則60歳以降に受け取れるため、老後の生活に備えることができます。

iDeCoのデメリットは、以下のとおりです。

  • 自分で掛金を拠出・運用する必要があるため、運用リスクを負います。
  • 60歳以降に受け取るまでは原則引き出すことができません。

 

iDeCoの加入手続きは、以下のとおりです。

  1. 金融機関等のiDeCo加入取扱業者に加入申込みを行う。
  2. 加入者控除申告書を作成・提出する。
  3. 加入者証明書を受け取る。
  4. 掛金を拠出する。

iDeCo加入取扱業者は、銀行、証券会社、保険会社など、さまざまな金融機関が取り扱っています。自分に合った金融機関を選んで加入しましょう。

 

新NISAが話題になっていますね

新NISAもいいですけど

現役世代の方は

たとえ50代の方でも

iDeCoをするという選択肢があってもいいのかなって

個人的には思いますが

必ず儲かるというものでもないので

自己責任でお願いします