Beautiful Life

幸せな日々に感謝 安らぎ喜び豊かさとともに

克服する方法 ギャンブル依存症からの脱出

ブログランキングに参加しています
応援していただけると嬉しいです
いつもありがとうございます
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

ギャンブル依存症を克服する方法

ギャンブル依存症で苦しんでる人

たくさんいますよね

 

スリップしたとかしないとか

生きるの死ぬのなんだのと

騒いでる人がたくさん

 

そんな人たちや

身内にそういう人がいる人たちの

参考になれば

 

 

ギャンブルってそもそも悪いことなの?

ギャンブル依存症の方々は

こぞってギャンブルのせいみたいにおっしゃってますが

ギャンブルは悪くありません

もちろん

違法な賭博はいけないけど

公営ギャンブルをするのは

なんら悪いことではありません

 

悪いのは?

それでは

悪いのはギャンブル依存症の方なのか?

胸に手を当てて考えてみてください

 

自分が悪いと思ってますか?

思っていないならOKですが

自分が悪いと思っているのなら問題です

 

誰も何も悪くない

そうなんです

ギャンブルもギャンブル依存症の人も

誰も悪くない

 

悪いことなんて何一つない

悪い人なんて誰一人いない

 

ギャンブルを特別視しない

ギャンブルは怖い

ギャンブルは悪い

 

そんなふうにギャンブルを特別視するから

すべてがおかしくなってくる

 

ギャンブルは普通

ありのままに見るというか

それが大事だと思うのです

 

遊園地とか

スマホゲームとか

そういった類のもの

 

遊園地とか

スマホゲームとかを

悪いこととは思わないですよね

 

熱中して課金したり

仕事を休んだりしてる人を見て

「バカだなぁ」

とか

「よっぽど好きなんだなぁ」

とか思うだけ

 

ギャンブルも一緒です

 

ギャンブルをしてもしなくてもいい

 

私が若い頃は

麻雀が流行っていて

できないと仕事にならないみたいなところがあったので

麻雀を覚えて

それなりにやってたりしましたが

 

今、同僚や上司が麻雀をやってるっていう話を聞いても

「自分もしよう」

とは思いません

懐かしいなと思う程度

 

もちろん

お金をかけないという前提ですが

 

同じように

今、以前やっていた

競馬やらパチンコやらボートやらを

やろうとは思いません

 

なんというか

いい年してまだそんなことで遊んでるの?

っていう感じかな

 

だからといって

そういう友人に誘われたら

麻雀しようとか

競馬の予想とかするけど

それでハマることはないというか

 

最終的には缶けりやかくれんぼのように

 

私にとってギャンブルとは

缶けりやかくれんぼのようなもの

 

大人になった今

小学生の頃のように

かくれんぼやら缶けりやら

すすんでする人はあまりいないと思うのです

 

だからといって

缶けりをしていた自分や

かくれんぼをしていた自分を

バカだったなと

否定する人はあまりいないと思う

 

「あの時は楽しかったな」

 

って

そう思えるように

 

逆に

ギャンブルのせいで

とか

そういうふうに

否定的に考えていると

いつまでもギャンブルにこだわって

抜け出せない

否定的な感情は

怒りや絶望に変わるだけ

 

ギャンブルをギャンブルとして見て

否定も肯定もせず

こういうもんだと理解して

自分に必要ないと思うなら

お別れする

 

一度

ギャンブルというものを

否定的に見ているのなら

ギャンブルってなに?

っていうところから

見直してみるのがいいと思います

 

その時に

ギャンブルは怖いとか悪いとか

逆に

ギャンブルはストレス解消になるからとか

そういう

他人の価値観を入れずに

向き合ってみないと

何も変わらないと思うのです