人生を変える魔法使いのブログ

iDeCo(イデコ)でオルカンNISA(ニーサ)でエコペトロールを買ってみた!FANG+ S&P500 NASDAQ100 レバナス

VIVANT 太田梨歩さんかわいい どうする家康

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

 

ドラマ

VIVANT

今週もVIVANT

おもしろかったですね

太田梨歩さん役の飯沼愛さん

存在感がすごかった

香川県出身なんですね

 

迫田孝也さんと色々あったみたいなことを書かれていますが

あのシーンで迫田孝也さんに対してむかつきましたもん

 

来週以降も

どんな展開になるのか楽しみです

 

どうする家康

今週のどうする家康

小牧長久手の戦いでした

 

池田勝入役の徳重聡さんも

森長可役の城田優さんも

めっちゃかっこよかったです

 

そして徳川四天王

 

榊原康政

 

榊原康政は、徳川家康に仕えた武将で、徳川四天王の一人です。1548年に三河国で生まれ、13歳で家康の小姓となり、三河一向一揆鎮圧戦で初陣を飾りました。その後、姉川の戦い、長篠の戦い、小牧・長久手の戦いなど、多くの戦いで活躍し、家康の天下統一に貢献しました。関東入部後は、上野国館林藩の初代藩主となり、10万石を領しました。

康政は、武勇に優れただけでなく、政治手腕にも長けていました。家康の側近として、幕府の政治・行政にも参画し、その功績は大きく、徳川氏の江戸幕府の基礎を固める上で重要な役割を果たしました。

康政は、1606年に58歳で亡くなりました。

 

井伊直政

 

井伊直政は、徳川家康に仕えた武将で、徳川四天王の一人です。1561年に遠江国で生まれ、15歳で家康に仕えました。その後、姉川の戦い、長篠の戦い、小牧・長久手の戦いなど、多くの戦いで活躍し、家康の天下統一に貢献しました。関東入部後は、上野国高崎藩の初代藩主となり、10万石を領しました。

直政は、武勇に優れただけでなく、優れた指揮官としても知られていました。また、家康の側近として、幕府の政治・行政にも参画し、その功績は大きく、徳川氏の江戸幕府の基礎を固める上で重要な役割を果たしました。

直政は、1602年に41歳で亡くなりました。

直政は、武勇に優れただけでなく、その容姿も美しかったことから「赤鬼」という異名で呼ばれていました。また、赤い甲冑を身に着けて戦ったことから「井伊の赤備え」としても知られています。

 

本多忠勝

 

本多忠勝は、徳川家康に仕えた戦国武将であり、徳川四天王の一人です。1548年に三河国で生まれ、13歳で家康に仕え、三河一向一揆鎮圧戦で初陣を飾りました。その後、姉川の戦い、長篠の戦い、小牧・長久手の戦い、関ヶ原の戦いなど、多くの戦いで活躍し、家康の天下統一に貢献しました。

忠勝は、武勇に優れ、生涯で57回もの戦に参戦しましたが、戦闘中にかすり傷ひとつ負わなかったと言われています。そのため、「槍の鬼」や「不死身の武将」などと呼ばれ、その名声は全国に轟きました。

忠勝は、政治手腕にも長けていました。家康の側近として、幕府の政治・行政にも参画し、その功績は大きく、徳川氏の江戸幕府の基礎を固める上で重要な役割を果たしました。

忠勝は、1610年に63歳で亡くなりました。

忠勝は、蜻蛉切と呼ばれる日本三名槍の一つを愛刀としていました。蜻蛉切は、戦国時代に加賀国で作られた槍で、その長さは約3m、重さは約10kgにもなります。忠勝は、蜻蛉切を手に多くの武功を挙げ、その名声を高めました。

 

酒井忠次

酒井忠次は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将で、徳川家康の重臣です。徳川四天王や徳川十六神将の筆頭に数えられ、家康の天下統一に大きく貢献しました。

忠次は、1527年に三河国額田郡井田城で生まれました。父は松平氏の譜代家臣・酒井忠親、母は松平清康の娘です。忠次は、家康の父・松平広忠に仕え、三河一向一揆鎮圧戦で初陣を飾りました。その後、織田信長に仕え、姉川の戦い、長篠の戦い、小牧・長久手の戦いなど、多くの戦で活躍しました。

忠次は、武勇に優れ、軍略にも長けていました。長篠の戦いでは、鉄砲隊を率いて織田軍の武田軍を圧倒し、勝利に大きく貢献しました。また、小牧・長久手の戦いでは、豊臣秀吉の軍勢を撃退し、家康の天下統一を大きく後押ししました。

忠次は、政治手腕にも長けていました。家康の側近として、幕府の政治・行政にも参画し、その功績は大きく、徳川氏の江戸幕府の基礎を固める上で重要な役割を果たしました。

忠次は、1596年に京都で亡くなりました。享年70。

 

徳川四天王はかっこよかったですね