人生を変える魔法使いのブログ

iDeCo(イデコ)でオルカンNISA(ニーサ)でエコペトロールを買ってみた!FANG+ S&P500 NASDAQ100 レバナス

どうする家康 鳥居強右衛門 岡崎体育さん

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

どうする家康

鳥居強右衛門

どうする家康

鳥居強右衛門さん

岡崎体育さんが演じられていましたね

 

控えめに言って最高オブ最高でした

配役の妙ですね

 

高天神城の攻防

高天神城の攻防は、1574年(天正2年)と1581年(天正9年)に武田勝頼と徳川家康の間で行われた、現在の静岡県掛川市にあたる遠江国・高天神城における2度の攻城戦を指します。

第一次高天神城の戦い(1574年)では、武田勝頼が2万の軍勢を率いて高天神城を攻めました。しかし、高天神城は難攻不落の城で、徳川家康は援軍を送ることができず、2か月後に開城、武田氏の城となりました。

第二次高天神城の戦い(1581年)では、徳川家康が兵糧攻めを行い、武田軍は降伏しました。この戦いは、武田氏の衰退につながり、徳川家康の天下統一の足がかりとなりました。

高天神城の攻防は、戦国時代の激しい戦いのひとつであり、徳川家康の天下統一に大きな影響を与えました。

鳥居強右衛門さん

鳥居強右衛門は、戦国時代の日本の足軽。奥平家の家臣。名は勝商。

鳥居強右衛門は、宝飯郡(現在の愛知県新城市)で生まれた。奥平貞昌に仕え、長篠城の戦いでは、武田軍の包囲網を突破して岡崎城の家康のもとに助けを求めた。しかし、家康の援軍が到着する前に長篠城は落城し、鳥居強右衛門は武田軍に捕らえられ、磔にされた。

鳥居強右衛門は、勇敢で忠義心の強い人物として知られています。彼の死は、徳川家康の天下統一に大きな影響を与えたと言われています。

鳥居強右衛門の物語は、多くの文芸作品に題材とされており、戦国時代の英雄として語り継がれています。

岡崎体育さん

岡崎体育は、1989年7月3日生まれの兵庫県西宮市出身のシンガーソングライターです。本名は岡 亮聡(おか あきとし)。2014年にメジャーデビューし、独特な歌詞とメロディーで人気を集めています。

岡崎体育の楽曲は、日常の何気ない出来事を歌ったものが多いのが特徴です。また、歌詞に様々なパロディやネタが盛り込まれていることでも知られています。その独特な世界観は、多くのファンを魅了しています。

岡崎体育は、ライブパフォーマンスも人気です。彼のライブは、観客と一緒に盛り上がれるような楽しいものとなっています。また、岡崎体育自身も、ライブで様々なパフォーマンスを披露しています。

岡崎体育は、今後もますます活躍していくことが期待されるシンガーソングライターです。

岡崎体育さんは

役者としての才能がすごいですね

 

前半の大きな見せ場を

完璧に演じ切ってくれました

拍手喝采です