人生を変える魔法使いのブログ

iDeCo(イデコ)でオルカンNISA(ニーサ)でエコペトロールを買ってみた!FANG+ S&P500 NASDAQ100 レバナス

星々のささやきとともに バレンタインの切なさ

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

バレンタインのほろ苦い思い出

 

あの日、私は緊張と期待で胸が高鳴っていた。

彼に手作りのチョコレートを渡すため、心を込めて作った。

でも、彼は笑顔で受け取ってくれたものの、その後の態度が変わってしまった。

彼は私の気持ちを受け入れてくれなかった。

甘い思い出とともに、ほろ苦い切なさが残ったバレンタインだった

 

 

夜の闇に溶け込む

星々のささやき

私の心に響く

 

遠い過去の記憶

ほんのり甘く

そして少し苦い

 

あなたとの出会い

バレンタインの日

私の心は揺れた

 

チョコレートの味

ほろ苦さと共に

永遠に刻まれた

 

 

 

 

 

 

バレンタインデーについて

起源と歴史

バレンタインデーは、キリスト教圏の祝日で、主に欧米で毎年2月14日に行われる、恋人たちが愛を祝う日です。起源は諸説ありますが、ローマ皇帝の迫害からキリスト教徒を密かに結婚式を挙げていた司祭、聖バレンタインが処刑されたことに由来するとされています。

日本のバレンタインデー

日本では、1936年に神戸のチョコレート会社が「女性から男性へチョコレートを贈って愛を伝えよう」とキャンペーンを展開したことから、女性が男性にチョコレートを贈る日として定着しました。

近年

近年では、義務感や負担を感じてしまう女性や、チョコレート以外で気持ちを伝えたいという人々が増え、バレンタインデーの捉え方も変化しています。

2月14日以降

3月14日には、男性から女性へお返しをする「ホワイトデー」があります。また、日本には女性から義理チョコや友チョコを贈る習慣もあり、バレンタインデーは、愛を伝えるだけでなく、感謝や友情を表現する日にもなっています。

まとめ

バレンタインデーは、時代や文化によって変化しながらも、愛や感謝の気持ちを伝える大切な日として、世界中の人々に親しまれています。

 

今週のお題「ほろ苦い思い出」